お祝いもちつき
トップページ
ウェディング紙芝居内容
よくある質問
当日までの流れ
スタッフ紹介
お問い合わせ

メディア情報
ブログ
結婚式エピソード

還暦のお祝い
おてがみ絵本



マーガレット一家

あっぱレット


出会いからご結婚に至るまでのお話を沢山聞いていると、
どの方のお話にも必ずといっていいほど不思議なタイミングが存在する事に気づきました。
「運命の赤い糸」としかいいようのない大きな奇跡や、ご本人たちも気づかなかったような
些細な出来事が二人を近づけていく事も。
ここではそんな、結ばれていく人たちの不思議なターニングポイントをご紹介していきたいと思います。
お二人を見守る神様の手元には色々なスイッチがあって、知らないところでちゃんと背中を
押してくれているはず。
その他、お祝い屋だからこそ聞けたお二人のドタバタや感動エピソードも盛りだくさん♪
あわせてご覧下さい。




バイト先で愛を育んだお二人でしたが、お互いを知るうちに、
母親同士が古くからの友人であったことが 発覚。
お母さんたちはおなかの大きな頃、公園でよく、
お互いのお腹をさすりあっていたんだとか。
「この子たちが大きくなったら結婚したりして♪」
そう、お二人の出会いは、
生まれる前から始まっていたのでありました。




恋愛成就のご利益があるという京都のお寺のお守りを
お土産でもらった彼女。
半信半疑で枕の下に敷き眠りにつくと、なんと同じ職場の
○○くんが隣で寝ている夢を見たではありませんか!
しかしまったくタイプではなかった彼の存在はまったくの
ノーマーク。
しかしその日からあれよあれよと運命の糸がつながって・・・
彼は見事将来の旦那様となるのでありました♪




部署移動で同じ職場になったものの特別意識は
していなかったお二人。
お互い別々のグループの花見の幹事をしていたものの、
週末の予報は雨で、ともに企画は中止。
ならば雨でもよいからお互い幹事の苦労をねぎらいましょう
ということで二人きりの花見を企画&決行したそうです。

見上げれば心配していた雨もあがり見上げれば
雲ひとつない日本晴れ。
そこでようやくお互いを意識しはじめた二人でしたが、
翌日出社したらなんと席が移動して向かい合わせに!

ドキドキも一気に加速し、見事ゴールインと相成りました♪




憧れの同僚(未来の旦那様)になかなか声を
かけられなかった彼女。
そんな折、彼がライブのチケットを余らせ
行く人がいないと困っておりました。
それを聞いた店長が
「余ってるなら君達二人でいってこい」とまさかの超絶アシスト。
「キター♪ 店長、ナイスパース!ハイ!ぜひ 連れて行って ください!」
キューピットは親友ばかりではないということですね。
そのワンチャンスを逃さなかった彼女にも拍手~!!




職場の建物が隣同士だった二人。
彼女がごみ出しに外へでると、隣の建物から出てきた男性が
一人、外灯の光を背にたたずんでおりました。
その時彼女はピカピカピカ~! キラリーン!と
彼に一目惚れ!第六感とでもいいましょうか。
顔が見えなくてもくるときはビビビとくるのですね!
ちなみに、後日顔をじっくり見た時も、
自分の目に狂いはなかったということでした。



幼い頃、Sくんは遊んでいる時に井戸におちた事があり、
Yちゃんもまた、近所の沼におちてしまったことがあったそうな。
さてそんな二人が出会い、今度は仲良く一緒におちたものが
ありました。それはなにかといいますと・・・

そう、二人は恋におちたのでありました♪





仕事関係でアメリカからやってきた技術者を
接待する役目を仰せつかった彼女。
しかし仕事として接待に徹する彼女に対し、
彼女に一目惚れしてしまった彼はすっかり恋人モード。
カフェでも、対面の席を用意した料亭でも隣にぴったり♪
「この出会いがきっかけで、数ヵ月後にお付き合いが始まったはずなんです」とふりかえる彼女ですが、彼はといいますと・・・
「出会ったその日から恋人のつもりでいた」
ということです。ポジティブな彼に、あっぱれ!



ともにオリンピックを戦ったお二人のお話。
コーチのO(郎)さんは、全日本を引退し料理の道に
進んだR(婦)さんを気遣ううちにいつしか彼女への愛を確信。
そして彼女のハートにゴールを決めるべく試合開始!
しかし彼女にとってはまさに青天の霹靂だ!
やんわり「お断りディフェンス」を放つも・・・、
なんと彼は見事な「聞こえないフリ」でスル~!
そして[先生としての壁]、[コーチとしての壁]、[男としての壁]
を撃破し、渾身のシュート!
キーパーの彼女はそのボールをしっかり受け止めたまま・・・
体ごとゴール!!








copyright - 2011 「あっぱれ本舗」rights reserved.